黒田 正幸准教授のプロフィール

名前 黒田 正幸 所属・職名 医学部附属病院未来開拓センター・准教授
研究分野 遺伝子導入脂肪細胞の移植による持続的酵素補充療法の開発
研究内容について・抱負

血中の酵素が遺伝的に欠損もしくは機能低下することで発症する難治性の疾患が数多く知られています。

これらの疾患には欠損した酵素を体内に補充することで治療が可能であると考えられますが、希少疾患であることが多く、 その多くは治療法が確立されていません。

私たちは臨床で移植治療によく使用されている脂肪細胞の優れた特性に着目し、これに欠損酵素の遺伝子を導入し、 これらの酵素を分泌する細胞を作り出し、患者さんの体内に戻すことで、持続的に欠損酵素を体内で補充できる治療法の開発研究を行っています。

具体的には前千葉大学長である齋藤康先生がが中心となって考案された 「遺伝子治療用初代培養脂肪細胞」特許(PCT/JP2003/007721)に基づく技術を家族性LCAT欠損症の治療法に応用し、 LCAT遺伝子導入ヒト脂肪細胞の実用化研究を行っています。

また、他の難治性疾患の治療法として応用展開するための基礎研究も並行して行っています。

代表的論文

1. Kuroda M, Holleboom AG, Stroes ES, Asada S, Aoyagi Y, Kamata K, Yamashita S, Ishibashi S, Saito Y, Bujo H. (2014) Lipoprotein subfractions highly associated with renal damage in familial lecithin:cholesterol acyltransferase deficiency. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 34, 1756-1762.

2. Aoyagi Y, Kuroda M, Asada S, Tanaka S, Konno S, Tanio M, Aso M, Okamoto Y, Nakayama T, Saito Y, Bujo H. (2012) Fibrin glue is a candidate scaffold for long-term therapeutic protein expression in spontaneously differentiated adipocytes in vitro. Exp Cell Res. 318, 8-15.

3. Kuroda M, Bujo H, Aso M, Saito, Y. (2011) Adipocytes as a vehicle for ex vivo gene therapy: Novel replacement therapy for diabetes and other metabolic diseases. J. Diabetes Invest. 2, 333-340.

4. Asada S, Kuroda M, Aoyagi Y, Fukaya Y, Tanaka S, Konno S, Tanio M, Aso M, Satoh K, Okamoto Y, Nakayama T, Saito Y, Bujo H. (2011) Ceiling culture-derived proliferative adipocytes retain high adipogenic potential suitable for use as a vehicle for gene transduction therapy. Am. J. Physiol. Cell Physiol. 301, C181-C185.

5. Kuroda M, Aoyagi Y, Asada S, Bujo H, Tanaka S, Konno S, Tanio M, Ishii I, Machida K, Matsumoto F, Satoh K, Aso M, Saito Y. (2011) Ceiling culture-derived proliferative adipocytes are a possible delivery vehicle in enzyme replacement therapy in lecithin:cholesterol acyltransferase deficiency. Open Gene Ther. J. 4, 1-10.

特許等 出願番号 特願2011-550938 名称 遺伝子治療用脂肪細胞の調製のための外来遺伝子の導入に適した細胞集団かどうかを判定する方法
  • Mission
  • Report
  • Performance
  • Links