本橋 新一郎教授のプロフィール

名前 本橋 新一郎 所属・職名 医学研究院免疫細胞医学・教授
研究分野 腫瘍免疫、免疫治療
研究内容について・抱負

がんは免疫システムの破綻が原因となって発症してくる病気と考えられ、 免疫システムの操作により治療法を確立するという概念が確かめられるようになってきています。我々が現在開発を進めている「NKT細胞を用いた免疫治療」は、千葉大学にて研究開発が進められている新規治療法であり、これまでの基礎研究の結果から臨床研究を開始し、現在では厚生労働省の定めた第3項先進医療の枠組みで開発を進めています。これまで主にアカデミア主導で行われてきた免疫細胞治療の領域は、現在の日本では大手製薬企業が積極的に治験のトラックで開発を推進する分野にはなってはいないものの、平成26年の再生医療新法施行とともに、医薬品として上市するための環境は少しづつ整備されてきています。

今後、アカデミア主導新規治療開発モデルとなるよう関係部門と協力し、開発研究を進めていきたいと思います。

またこの分野の最先端研究は日進月歩であり、臨床研究の結果を基礎研究で解析し、開発中の治療法に反映させていく方法を確立し、 より有効な治療法が早期に開発できるよう進めていきたいと思います。

代表的論文

1. Hosokawa, H., Tanaka, T., Endo, Y., Kato, M., Shinoda, K., Suzuki, A., Motohashi, S., Matsumoto, M., Nakayama, K. I. and Nakayama, T. : Akt1-mediated Gata3 phosphorylation controls the repression of IFNγ in memory-type Th2 cells. Nat Commun. 7:11289 (2016).

2. Mise, N., Takami, M., Suzuki, A., Kamata, T., Harada, K., Hishiki, T., Saito, T., Terui, K., Mitsunaga, T., Nakata, M., Ikeuchi, T., Nakayama, T., Yoshida, H. and Motohashi, S. : Antibody-dependent cellular cytotoxicity toward neuroblastoma enhanced by activated invariant NKT cells. Cancer Sci. 107(3):233-241 (2016).

3. Frigault, M. J., Lee, J., Basil, M., Carpenito, C., Motohashi, S., Scholler, J., Kawalekar, O. U., Guedan, S., McGettigan, S., Posey, A Jr., Ang, S., Cooper, L. J., Platt, J., Johnson, F. B., Paulos, C. M., Zhao, Y., Kalos, M., Milone, M. and June, C. H. Identification of chimeric antigen receptors that mediate constitutive or inducible proliferation of T cells. Cancer Immunol Res. 3(4):356-367 (2015) .

4. Iwamura, C., Shinoda, K., Endo, Y., Watanabe, Y., Tumes, D. J., Motohashi, S., Kawahara, K., Kinjo, Y., and Nakayama, T. Regulation of memory CD4 T-cell pool size and function by natural killer T cells in vivo. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 109(42):16992-16997 (2012) .

5. Fujii, S., Motohashi, S., Shimizu, K., Nakayama, T., Yoshiga, Y., and Taniguchi, M.Adjuvant activity mediated by iNKT cells. Semin Immunol 22(2):97-102 (2010) .

特許等 出願番号 1. 特許第5674082号 名称 1. NKT細胞リガンドをパルスした抗原提示細胞による抗腫瘍療法の有効性の予測方法
2. 特願2015-254533 2. NKT細胞活性化医薬組成物、その製造方法、及び抗原提示細胞の保存方法
  • Mission
  • Report
  • Performance
  • Links